NANI mo NAI noto O NA JI

すごくバッティングの才能があるのに、野球に興味を持つ才能がないなら、

何もないのと同じ

今、あるすごくセンスのある曲を、歌う、作る才能がある人の歌を聴いてるが

歌い続ける才能と、音楽を表現する側に絶対いるという才能がないので

何もないのと同じ。何もないというのはアレだが、音楽においての話。

 

ただ俺は彼の歌がいいのは知ってる。こういうことは

世界のどこかの隙間とか、端っこでもあることなのかもしれないな。

 

俺が知ってる、彼の歌。気が向いたら歌えばいい。

そのタイミングで聴くことが多分彼の歌が一番響くタイミングなのかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中